トリニティーラインはどんな化粧品ブランド?

 

トリニティーラインは30代以上の女性に人気のエイジングケア化粧品ブランドです。
販売元は大正製薬で、製薬技術を化粧品に応用して作られています。

 

トリニティーラインの中で1番人気があるアイテムは、水を1滴も使わず美容成分100%でできているオールインワン化粧品の「トリニティーライン ジェルクリーム プレミアム」です。

 

モンドセレクションの最高金賞を8年連続受賞しているほど高い品質を誇っています。

 

 

トリニティーラインの「ジェルクリーム」は、これ1つでスキンケアが完了するオールインワン化粧品です。

 

保湿成分の中で最もうるおい効果が高い「セラミド」が、トリニティーラインシリーズの中で最も多く配合されているので、しっとりとうるおった美肌を作ってくれます。

 

他にも、肌の土台に働きかけてハリを生み出す力をサポートするエイジングケア成分「ジパルミトイルヒドロキシプロリン」なども配合されているので、乾燥やシワ・ハリ不足に悩む肌への効果が期待できます。

 

>>先に、トリニティーラインの値段をとりあえずチェックする

 

トリニティーラインのジェルクリームにはどんな人に向いている?

 

トリニティーラインのジェルクリームはオールインワン化粧品なので、忙しい主婦の方などスキンケアに時間をかけられない人にぴったりです。

 

もちろん、手軽さだけではなく以下のような働きが期待できます。

 

ジェルクリームはどんな人に向いている?
・シワが気になる人
・シミを予防したい人
・ハリ不足を感じている人
・肌が乾燥している人
・キメが乱れている人
・化粧ノリが悪い人
・肌がどんよりくすんでいる人

 

年齢特有の肌の悩みが増えてきた人は、セラミドでの保湿ケアやエイジングケア成分でのスキンケアが重要です。

 

トリニティーラインには、セラミドを始めとした保湿成分と肌にハリを与えるエイジングケア成分が豊富に配合されているので、上記のような効果が期待できるのです。

 

トリニティーラインジェルクリームの成分を分析!その効果は?

 

 

 

①シミ・くすみケアはできるのか?

 

 

 

シミ・くすみケアのためには美白成分が配合されている必要がありますが、トリニティーラインのジェルクリームに美白成分は配合されていませんでした。

 

そのため、シミ・くすみの原因であるメラニン色素にアプローチすることはできません。

 

ただし、セラミドやヒアルロン酸などの高保湿成分がたっぷり配合されているので、肌のバリア機能を整えることでシミができにくい肌を育むことができます。シミ予防としては効果的なオールインワンジェルです。

 

本格的にシミをケアしたい人は美白ケアに特化した美容液の併用をオススメします。

 

 

 

 

②シワケアはできるのか?

 

 

 

シワの原因の1つは乾燥なので、高保湿成分が配合されている化粧品かどうか見極めることが大切です。

 

シワの原因「乾燥」をケアできるか?

 

トリニティーラインのジェルクリームの保湿成分をチェックすると、高いうるおい力がある成分ばかりでした。

 

配合されている保湿成分
セラミド2・コラーゲン・グリセリン・スクワランなど

 

注目したいのは「セラミド2」です。セラミドはいくつかの種類に分けられますが、このセラミド2はズバ抜けて高い保湿力があり、浸透力も高い種類です。

 

肌内部をうるおいでひたひたに満たしながら、ふっくらとハリのある肌を作ってくれます。

 

シワの原因「土台のゆるみ」をケアできるか?

 

シワの原因は乾燥の他にも「土台のゆるみ」が挙げられます。

 

加齢とともに肌の土台が緩んでしまうことが原因でもシワができるので、肌を土台からふっくらさせてくれるようなエイジングケア成分が必要になります。

 

配合されているエイジングケア成分
ヒドロキシプロリン・アセチルヒドロキシプロリン・ジパルミトイルヒドロキシプロリンなど

 

「シワケア=コラーゲン」というイメージがありますが、化粧品でコラーゲンを補っても肌のコラーゲンにはなりません。

 

大切なのは、肌のコラーゲンになる材料を届けてあげることです。

 

ヒドロキシプロリンなど、トリニティーラインのエイジングケア成分はコラーゲンの材料となる成分です。

 

肌の奥まで材料となる成分が浸透することで、肌が自らハリを生み出すサポートをし、ふっくらとハリのある肌を作ってくれます。

 

 

 

③キメが乱れた肌を整えてくれるか?

 

年齢を重ねて肌が乾燥すると、肌のキメはどんどん乱れてしまいます。

 

すると、なめらかさやツヤが失われるので、ガサついた肌に見えてしまうのです。

 

そこで大切なのが、肌表面を「うるおいの膜」で守ってあげることです。

 

配合されているキメを整える成分

セラミド・ポリクオタニウム-61・ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)など

 

トリニティーラインは肌の奥まで浸透する成分はもちろん、肌表面でうるおいの膜を作り、ふっくらとしたキメに整えてくれる成分が配合されています。

 

キメが整うと光を反射することができるようになります。トリニティーラインは透明感のある若々しい肌にも導いてくれるのです。

 

④肌への刺激はないか?

 

トリ二ティーライン
トリニティーラインのジェルクリームの全成分を調査したところ、肌に優しい成分が使われていました。

 

ネット上では、「クロスポリマー・カルボマー・フェノキシエタノール」が悪者にされがちですが、厚生労働省から肌への刺激はほとんどないと発表されています。

 

どれも肌への刺激はほとんどない成分なので、敏感肌などの肌が弱い人で安心して使えるオールインワンジェルです。

ページの先頭へ